アニマルコミュニケーターになった理由(2)

今朝は
虎太郎と近くのお山へお散歩して
梅を見てきましたよ♪

 

あなたと愛犬が
笑顔でhappyに暮らせるお手伝い♪
アニマルコミュニケーター*sachiko*です。

さて

前回の続きです。

アニマルコミュニケーターになりたい!
なるっ!!と決めたものの
そこからの行動は、決して早くはありませんでした(笑)

中には「アニマルコミュニケーションは危険」だと
言う人もいました。
その人のお話を聞きに行ったこともあります。
でも、危険だという根拠は全くありませんでした。

何事においてもそうですが、
要は“本人のモチベーション次第”だということ。

覚悟を決めた私は
アニマルコミュニケーターの講座に申し込みました。

初めて受講する日、先生から最初に聞かれたことは
「なぜ、アニマルコミュニケーターになりたいの?」でした。

私は先生に思いを伝えました。
『ペットはしゃべらないとか
こころなんて無いと思っている人もいるけれど・・・

私がボビー(先代犬)や虎太郎と暮らして、
お客様のわんちゃん達と接して来て …
絶対に感情や伝えたいことはあると思うんです!
伝わらないせいで、うなったり、咬みついたりするコもいます。

もちろん、しつけも大切です。
でも、ペットとして暮らしているコ達の
思いや、感情を伝えてあげることで

お互いが、もっと理解し合えると思うんです。

実際、自分自身もアニマルコミュニケーションをしてもらって
ボビーや虎太郎の事が、もっと愛おしくなったんです。

だから・・・

私はアニマルコミュニケーターとして、
仕事をしたいと思っています!!』と。

私が、アニマルコミュニケーターとして
お仕事をさせていただく根底には
人と暮らす動物さん達の
『思いを伝えたい』という
信念があるのです^^

次回は
実際にアニマルコミュニケーターとして
お仕事をして嬉しかったこと。を
書かせていただきま~す!

 

関連記事

  1. プレゼントします♪