アニマルコミュニケーション【絆】動物さん(ペットたち)とお話するアニマルコミュニケーション

【絆】アニマルコミュニケーション

『会話』は絆を深め、こころを癒す第一歩。
あなたと毛むくじゃらの家族の心を繋ぎます。
どんなペットさんでもOK

ご予約はこちらから

アニマルコミュニケーションって?

テレビでは「動物と話す人」などと言われていますね。
そもそもアニマルコミュニケーションとは何なのでしょう?  占いや霊感的なものとも少し違って五感、そして六感(シックスセンスとも言われる)を使い、さまざまな情報やメッセージをキャッチしてお伝えする。というのがチャネリングと呼ばれるものです。その第六感は「本能」として、動物(もちろん人間にも)に備わっているのです!
みなさんも経験がありませんか?なんとなぁ~く○◎な気がする・・・
☆▲さんから電話がかかってくるような気がする・・・
これも、いわゆる第六感のひとつです。
アニマルコミュニケーション
大切なペットちゃん達の思いや感情、飼い主さまに伝えたいことを
第六感を使い、キャッチする役割がアニマルコミュニケーターだと考えています。
それには、言語などを司る左脳、イメージや感性を司る右脳もバランス良く使っていきます。

では、どんな風にキャッチするのか?受け取り手のコミュニケーター(チャネラー)さんによっても違いがあると思います。
また、伝えてくれるペットちゃんによっても違いがあります。
映像やイメージで伝えるコもいますし体感、感覚として伝えてくるコもいます。痛みや、音が鼓膜に響く感じなど、その感覚をペットちゃんと共有してお伝えする場合もあります。

また、はっきりとした言葉で伝えてくるコもいます。すべてのツールを使うコもいます。私自身はすべてのツールを使ってあなたの大切なペットちゃんのメッセージを受け取り、そして言葉として飼い主さまにお伝えしていきます。ペットちゃんに対してはイメージ、言葉、感覚・・・
全てを使って伝えていきます。

セッションメニューはこちら

例えば
わんちゃんのトイレの問題で困っていたとしましょう。言葉では通じにくい場合、イメージを送ります。
シートの上でちゃんと出来て、飼い主さまにたくさん褒めてもらうイメージを送ります。
また、トイレの場所がたくさんあって迷っていたり狭くて排泄がしにくい場合などは
わんちゃんから窮屈なイメージや狭さを「体感」として送ってくる場合もあります。
言葉で「この場所イヤだもん」と答えるコもいます。
飼い主さま、ペットちゃんの双方のやりとりができると「問題行動」と思われている部分でも
何かしらの改善方法が見つかる場合があるんですよ。

時には飼い主さまの何気ない一言に傷つきそのイメージを送ってくるコもいます。
心にぽっかり穴の開いたようなイメージでした。
飼い主さまの質問に答える前にそのことを伝えて欲しい・・・なんてコもいます。もちろん、飼い主さまには傷つけるつもりなんて全く無くて何気なく言ってしまった言葉だったのです。

飼い主さまはそのコに謝っておられました。
そして、そのコを本当に大切に思っていると伝えた結果

ペットちゃんはとても喜んでいました。
そして、おりこうさんになったそうです。

ペットちゃん達も色んな感情を持っているんですね。

 

私の対面セッションでは飼い主さまの聞きたいことだけをやりとりする一方通行のセッションではなくペットちゃん達の意見や要望も聞きながらお話をすすめていきます。 飼い主さまから見た「問題行動」についても
ペットちゃん達にも言い分があります。

アニマルコミュニケーターを介してお話することによって
お互いが理解を深めて幸せに暮らせていただけたら・・・と願っております。

セッションメニューはこちら

ご予約はこちらから

アニマルコミュニケーション(セッション)のご依頼の前に

アニマルコミュニケーションは・・・

占いのように「当たり、ハズレ」で受け取るものではありません。霊感や透視でもありません。
人間と動物が心から理解しあう為の、ひとつのツールです。

動物たちにも個性があります。おしゃべりなコや、言葉を使って伝えてくれるコもいれば、とってもシャイで口ベタなコもいます。また、飼い主さまに気を使って話すコや、これはママに言わないでね。なんてコもいます。

飼い主さまがアニマルコミュニケーションに対して否定的や懐疑的であったり、受け入れられないという思いがある場合、動物たちは伝えたいことがあっても言わないコもいます。

そして、飼い主さまが望んでらっしゃる『言葉』や『返事』が必ずしも返ってくるとは限りません。

大切な家族であるペットたちのメッセージを
愛情と大きな心で、どんな結果でも受け入れてあげてくださいね♪

動物の寿命、投薬や治療に関する事柄は基本的にお受けしておりません。
まず、獣医師の診察を受けて、その診断を最優先してください。

しつけ・問題行動について

動物の気持ちや生態を理解し、正しい対応をされた場合は動物たちの問題行動が改善されるケースもありますが、全ての問題が解決するわけではありません。

ご依頼いただいた動物がわんちゃん(犬)の場合は、トレーニングの必要性、犬の生態、行動学に基づいてお話させていただく場合もあります。(上野幸子はJKC愛犬飼育管理士の有資格者です)

問題行動改善には、飼い主さまの愛情と、動物の生態を理解する気持ち
何よりも『教えてあげよう』という飼い主さまの姿勢が大切です。
トイレの問題などは、教えてあげれば出来るコがほとんどです。
日常生活において「犬に対する接し方」を理解していただければ改善する場合もあります。

アニマルコミュニケーションの結果に対して

動物達は飼い主さまへ色んなリクエストを伝えてきます。
しかし、可愛いウチのコからの要望だから・・・と全ての要望にこたえる必要はありません。
不可能なこともあるでしょうし、単なるワガママだったりもします。
お互いが「理解し、絆を深める」努力も必要だと思います。大切な家族ですから…..!

*      個人情報およびセッション内容は、お客さまの許可なく第三者への開示、譲渡することは致しません。
*      talk with cocoro アニマルコミュニケーター 上野幸子 はいかなる宗教とも関係ございません。