転ばぬ先の杖。

「転ばぬ先の杖」

この言葉、お聞きになった事はありますか?

もう10年以上前になりますが

病院で勤めていた時に

初めて聞いた言葉です。

その病院は、ICUや一般病棟の他に

老人病棟がありました。

まだ新人だった私が

先輩と一緒に

老人病棟に行った時の事です。

入院されている患者さんが

杖をついてリハビリをされていました。

私は、杖を使えるようにリハビリをしているのかな?と少し不思議に思っていました。

先輩が私の疑問にすかさず答えてくれます。

老人の患者さんはね、転倒して骨折してしまうと、寝たきりになってしまう事が多いから。寝たきりになると、沢山のリスクがあるよね。

今、機能している部分は衰えないようにリハビリしながら、転倒しないように杖も使っててね、

これを、転ばぬ先の杖!って言うんよ。

私の中で

杖は松葉杖のイメージばかりでした。

松葉杖は骨折した部分をカバーする目的。

転ばぬ先の杖は、リスクを軽減する目的。

杖にも色々な使い方があるのだと教わりました。

私たちは生きている以上、リスクにさらされています。

これは、ペットたちも同じく。

リスクを軽減する為に、様々なケアをされている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

私自身、パートナーの虎太郎には

・口内ケア(口内除菌)

・手作りごはん

・筋肉をつける運動、散歩

・環境除菌

・マッサージやヒーリング

・バイオレゾナンストリートメント

上記のようなケアをしています。

除菌といっても、無菌室を目指している訳ではありませんよ( ´艸`)

虎太郎が5歳の時に、前立腺腫瘍で大変だった経験があります。

その経験から、ご縁のあったお客様には

大切なわんちゃんが、健康であるうちから

飼い主さんが出来るケアをオススメしています。

バイオレゾナンストリートメント中。

トリートメント中は眠るコが多いようです。

虎太郎はリラックスし過ぎですね!笑

大切な家族だからこそ

病気になってから慌てないように。

大難が小難に…小難は無難になるように。

病は気から…だから、気(エネルギー)も整えて。

そこで

転ばぬ先の杖!として

須崎動物病院作成プログラム

バイオレゾナンストリートメント

季節パック

をtalk with Cocoroで

受けて頂けるようになりました!

須崎動物病院の院長、須崎先生は

原因療法をされている

数少ない獣医師さんです。

我が家の虎太郎もお世話になりました。

原因不明と言われた…

余命宣告をされた…

そんな動物たちを診療されている

須崎先生考案のプログラム。

季節パックプログラムの詳細はこちら。

季節パックプログラムのお申込みはこちら。

東洋医学的な視点を取り入れた

まさに

転ばぬ先の杖!です。