生きる力、なめんなよ。

とーっても可愛い

パピヨンのゆきちゃん。

今年、12歳になります。

昨年、病気で

片脚を切断しました。

しかし

残念なことに

病気は転移というカタチで

ふたたび

ゆきちゃんと飼い主さんを

苦しめることに…。

そんなある日

お散歩で知り合った方に

上恵野倖子の話を聞いて

アニマルコミュニケーションを

受けに来てくださいました。

飼い主さんの心配なんて

どこ吹く風!

ゆきちゃんは、元気いっぱい。

まるで

アタシの生きる力、なめんなよ!と

言わんばかり。

とはいえ

体調にも波があります。

飼い主さんを不安させることが

度々おきていました。

病気の治療は

獣医さんにお任せして

私たち飼い主にできることだって

たくさんあります。

ペットライフコミュニケーターとして

ホームケアや整体、ヒーリングを

ご提案しました。

そして何より

ゆきちゃんとの暮らしを

楽しんでいただけるように

サポートしています。

飼い主さんの笑顔も増えて

ゆきちゃんも嬉しそう♪

来月は

ペット食育【入門講座】

受講してくださるそうです。

 

 

私も

虎太郎が余命宣告をされた時

最初に取り組んだことがあります。

 

 

彼の生きる力を信じること。

私があきらめないこと。

そして

口内ケアと

生活環境の改善でした。

 

 

気持ちだけでなく

行動をしなくては

結果は出ません。

 

 

あきらめの悪い私だから

お伝えできることがある。

そんな想いが

心の奥にあります。

 

*ペットさんの想いをお伝えする
上恵野倖子のアニマルコミュニケーション

*ホームケア、食事、生活環境についてのご相談は
ペットライフコミュニケーターのセッション

*犬の整体師さんによる
犬の整体DAY

 

ペットさんの「生きる力」
全力でサポートします♪

 

関連記事

  1. ペットと良い関係を築くにはどうすればいいの?

  2. 保護犬に必要なこと。

  3. パパにだけ唸るのはどうして?

  4. 問題行動の改善には、住環境も大切です。

  5. ムダ吠えにお悩みの飼い主さんへ。

  6. 優しいトリマーさん達へ。