Voiceお客様の声

対面セッション リョウマくん

1:お留守番の時間が長いけど、ストレスになってない? リョウマくんにアクセスすると「おばちゃん!ボクおりこうにお留守番してるよ!」と笑顔で答えてくれました。とっても明るいコです。 リードが付いた状態でお留守番をしているそうで、そのリードが気に入らないそうです(笑)
安全対策を万全に出来るならばリードが無くても大丈夫かと思いましたがリョウマくんに聞くと「脱走するかもよ~」とニマリ!もし、リードを使わないならしっかりとした安全対策と、パパさんから脱走しないよう伝えてもらうように提案させていただきました。2:パパとママに対する態度が違うのはどうして?

「パパには一目置いてるし、信頼してる。」と答えてくれました。
ママさんに対してはバカにしているような態度を見せます。でも・・・何か違います。パパの言うことは聞くのに、ママの言うことは聞かない。そんな状態らしいのですがどうしてそんな態度をとるのか、何か理由があるのか聞いてみました。
すると、何頭かのわんちゃんと飼い主さんがトレーニングしているような風景が見えます。ママさんにそのまま伝えると、確かにパピィの頃、集団トレーニングに通われていてリョウマくんが他のわんちゃんにマウントばかりしてしまい、集団から外されたそうです。

ママさんはとても落ち込んでしまい、どうしてこのコはおりこうではないんだろう・・・とリョウマくんに対して愚痴を言ってしまったそうです。そして、リョウマくんはその言葉にとても傷ついていたんです。 もちろん、ママさんに悪気はありません。何気なく言ってしまった言葉だったのです。

3:パパやママにして欲しいこと、して欲しくないことは?

パパにはもっと遊んで欲しい!と即答でした。
そして「お散歩が足りない~!」と。確かに運動量が不足してるとのことでした。「ママには本当のことを言って欲しい。」とポツリ・・・。詳しく聞いてみると、パパさんは「リョウマ、大好きだよ~」と言ってらっしゃるそうです。

ママさんにも「大好きだよ!」と言って欲しかったみたいです。

リョウマくんに伝えました。ママがね、あの時愚痴ってごめんね!って謝ってるよ。
本当は、リョウマくんが大好きだって!するとリョウマくんは「その言葉が聞きたかった!」そう言って、とても喜んでいました。ご帰宅後、リョウマくんにもう一度「大好きだよ!」と伝えてもらうようにしました。

Yさまとリョウマくんのアニマルコミュニケーション

聞きたかったことが聞けて、とても良かったです。
主人と私への態度が違うのは、主人が怖いからかな?と思っていました。
自分では気づかない過去のことも言ってもらい、本当に良かったです。
中途半端にやめてしまったしつけ教室のことも、リョウマが傷ついていたことも理解しない
ままで過ごすところでした。
アニマルコミュニケーションを受けて、リョウマの気持ちがわかり、本当に良かった。
これからは、愛情をいっぱい表現して接したいと思います。
ママさんにすれば、本当に何気ない一言だったんですよね。でも、リョウマくんを愛して
いるからこそ、気づいてくださったと感じました。
わんちゃんは、飼い主さんがどんな思いでその言葉を発しているか?ということに敏感です。
言葉の意味は理解できなくても、飼い主さんの感情は読み取っています。
これからは、たくさんの言葉で愛を伝えてあげてくださいね!
そして、わんちゃんの学習能力はとても高いものです。
人間の言う怖い人というのも、犬にとってみれば『わかりやすい人』という場合があります。
ただ怖いだけでなくて、ちゃんと褒めてくれる。自分を見てくれている。
このメリハリが大切ですね。リョウマくんにとって、パパさんはまさしく
「理想のパパ」なのでしょう!
飼い主さんが、わんちゃんに対して『正しい行動』を根気よく教えてあげることで
色んな問題が回避できます。
リョウマくん自身もトレーニングは好きみたいなので、機会があれば再チャレンジしても
いいかも知れませんね。ママさんの言葉に、リョウマくんも自信を持ったみたいです。
「ボクは愛されてる!」そんな彼の笑顔はとってもステキでした。
これからも、たくさん遊んで、たくさん愛情を伝えてあげてくださいね!

お知らせ 一覧ページ

    登録されている記事はございません。